激安 輸入タイヤ

輸入タイヤって実際どうなの?

 

 

輸入タイヤって実際どう?
文字通り、今回の記事では輸入タイヤについて書いていこうと思う。

 

現在、日本で流通しているタイヤには大きく分けて2種類ある。
それは、輸入タイヤと国産タイヤである。

 

・国産タイヤ
ブリヂストン・ダンロップ・ヨコハマタイヤなどのメーカーがある。
国産タイヤの最大の特徴としては、メイドインジャパンにより確立された、非常に高い品質である。

 

・輸入タイヤ
ナンカン・クムホ・ハンコックなどのメーカーがある。
輸入タイヤの最大の特徴としては、激安タイヤとも言われているとおり価格だろう。

 

しかし、タイヤには安全を保障するための規格があり、これをクリアしたタイヤが
国産の高いタイヤ・輸入の激安品を問わず量販店やインターネットで販売されている。

 

なので、基本的な曲がる・止まるといったタイヤの基本性能では両者あまり大差はない。
逆に、タイヤの付加価値的な意味合いな部分、例えば、耐久性、乗り心地、グリップ力、低燃費性能、こうした部分で、差が出てくる。

 

総評としては、コストパフォーマンスでは激安と歌っているだけあり、輸入タイヤに軍配があがるだろう。
ただ、タイヤによってまちまちな部分があるので、消費者の方にはタイヤ選びは慎重に行っていただきたい。
安全・安心を買うといった面では、国産タイヤをお勧めしたい。