激安輸入タイヤオートウェイの評判

 

 

激安なのに安心安全のタイヤ通販最大手

 

 

 

輸入タイヤのオートウェイ公式サイトはコチラ

 

↓↓↓↓↓↓

 

http://www.autoway.jp/

 

輸入タイヤオートウェイの安さの秘密

 

 

輸入タイヤオートウェイの安さの秘密はまず、海外からの大量仕入れによるボリュームディスカウントによるものです。また、ネット販売することでも、流通コストを徹底的に削減しています。

 

 

こうした理由により、従来のタイヤ販売店と比べて圧倒的に安い価格を実現しています。

 

 

輸入タイヤオートウェイでは、プライスリーダーと呼ばれる価格設定で販売しているので、従来の店頭購入の1/4の費用で済む場合もあり、人気になっています。破格の値段でタイヤを販売していて、900円のタイヤを4本買うと、3600円という安さです。

 

 

次に、アジア諸国でタイヤを製造している為、国内より人件費、製造費などが安く済みます。

 

 

 

 

 

 

低価格でも品質に問題はなく、国際的な品質規格を通った商品だけを販売しているので安心です。もちろん輸入タイヤの安さが目立ちますが、輸入物だけでなく、国内メーカータイヤも激安です。

 

 

激安の理由は、まさしく輸入であり、逆輸入しています。

 

日本より人件費、材料費が安い国で日本製のタイヤを製造して逆輸入することにより、国内で製造している物よりも低価格で販売できるわけです。

 

 

 

 

 

 

激安なのに安心安全のタイヤ通販最大手

 

 

 

輸入タイヤのオートウェイ公式サイトはコチラ

 

↓↓↓↓↓↓

 

http://www.autoway.jp/

 

オートウェイタイヤの特徴

 

カー用品店のオートウェイで販売しているタイヤの特徴は、大手メーカー品のタイヤに加え、インドネシアやシンガポール、韓国などのアジアンタイヤを積極的に取り入れている事です。

 

アジアンタイヤと言っても、通常の走行では大手メーカーの物と比べると性能の差は同等ですが、ロードノイズがやや大きく高速域やワインディングなどでは性能の差が多少出る程度です。

 

 

街乗りを多く使うユーザーであれば十分に利用できるレベルでしょう。

 

 

また、国際規格によって製造されているので信頼性があり、PL保険に加入しているので財物損壊などが生じた場合に補償してくれます。

 

 

 

オートウェイでは、店頭販売の他に通販でのタイヤ販売に力を入れており、どちらも大量に仕入れているので中古タイヤと変わらない低価格なのが特徴です。

 

 

通販の場合は、届いたタイヤをオートウェイに持ち込んでホイールに組み付けてもらう場合も、通常価格の工賃となっていますので利便性があります。

 

 

 

輸入タイヤのオートウェイ公式サイトはコチラ

 

↓↓↓↓↓↓

 

http://www.autoway.jp/

 

輸入タイヤと言えばオートウェイ、その評判は?

 

 

輸入タイヤを幅広く販売しているオートウェイですが、実店舗も用意しています。

 

 

インターネットにも公式のホームページがあり、通信販売としてタイヤを購入できます。

 

 

オートウェイの評判は上々で、特に優れている点を挙げるならば、多くのメーカー、種類のタイヤを格安で購入できることです。

 

 

サマータイヤからスタッドレスタイヤ、アルミホイールなどを取り扱っていますが、タイヤのブランドは国内外のメーカーで約30社にも及んでいます。

 

商品のラインナップの幅が広いことが良い評判を生んでいる一因です。

 

 

インターネットではサイト上で購入希望しているタイヤサイズを入力するだけで、
簡単に該当するタイヤを表示できる機能が備わっています。

 

 

 

 

 

一歩進んだ使い方としては、所有している自動車をサイト上で選択する方法で、装着できるタイヤサイズの一覧を見ることができます。

 

この方法ではインチアップなどを行うことを希望している方にも役立つ機能とされており、同時に適合するアルミホイールなども自由に探すことができます。

 

 

オートウェイは通信販売で格安タイヤを購入する手段として良い評判を得ていますが、購入者は居住している地域で提携しているサービスショップを利用して、タイヤやホイールの装着を行うことができるメリットがあることも、オートウェイの評判を上げています。

 

 

 

激安なのに安心安全のタイヤ通販最大手

 

 

 

輸入タイヤのオートウェイ公式サイトはコチラ

 

↓↓↓↓↓↓

 

http://www.autoway.jp/

 

 

輸入タイヤオートウェイでの購入手順

 

輸入タイヤオートウェイでの購入手順はとても簡単です。注文から車への取り付けまで、オートウェイ独自のタイヤ通販の流れがあります。

 

 

 

 

 

まず、タイヤを購入する前にタイヤのサイズを確認し、タイヤを探します

 

 

サイズやブランド、タイヤタイプ、車種などを選びます。

 

 

次に取付店を探します

 

 

購入する商品をどこの店で取り付けるのかを決めます。

 

配送先を取付店に指定する場合、注文する前に取付店と車の種類、サイズ、工賃、配送日程を確認します。

 

 

取付店とのやりとりは、オートウェイが運営するタイヤ取付店検索サイトのタイヤピットから探せるようになっています。

 

 

 

輸入タイヤのオートウェイ公式サイトはコチラ

 

↓↓↓↓↓↓

 

http://www.autoway.jp/

 

 

 

 

タイヤを注文します

 

 

タイヤを注文する際は、注文内容を確認して手続きを行います。

 

お店が注文商品を確保すると、無事、契約成立となります。

 

 

取付店に直送するか、持ち込みでタイヤを届けてくれるので、取付店に行って交換してもらう場合は、車で取付店に行きます。

 

 

支払い

 

 

料金を支払い完了です。

 

輸入タイヤの安全性について

 

安価な輸入タイヤは安全性に問題があるというイメージが今でも言われています。

 

これは過去に品質の低い東南アジア製の輸入タイヤで問題が発生したためだと言われていますが、それは20年近くも前の話ですし、今では東南アジア製のタイヤも品質が大幅に向上しましたから、20年前と同じ感覚でとらえるのは現状に即した考え方ではありません。

 

それでも、品質が向上したと言われても、やっぱり安いタイヤは安全性が気になるし、安全だと言ってもどうやって判断しているのか、疑問に思うこともあるでしょうが、輸入タイヤの安全性を確認するために、輸入タイヤを装着した状態の車で走行会という形でテストを行っていますから、信用しても構いません。この走行会では激しい運転にも耐えられるのかどうかを実験するためにドリフトも行っていますが、ドリフトして問題のないもののみが流通しています。通常の運転ならドリフトをする機会すらありませんから、これだけのテストをクリアしているなら大丈夫でしょう。

 

 

安全性が保障されているなら、少しでも安いタイヤを使いたくなるのが消費者心理と言えます。輸入タイヤなら国産のタイヤと比べて3割近く安いので、それだけで節約することにもなります。

 

 

 

輸入タイヤって実際どうなの?

 

 

輸入タイヤって実際どう?
文字通り、今回の記事では輸入タイヤについて書いていこうと思う。

 

現在、日本で流通しているタイヤには大きく分けて2種類ある。
それは、輸入タイヤと国産タイヤである。

 

・国産タイヤ
ブリヂストン・ダンロップ・ヨコハマタイヤなどのメーカーがある。
国産タイヤの最大の特徴としては、メイドインジャパンにより確立された、非常に高い品質である。

 

・輸入タイヤ
ナンカン・クムホ・ハンコックなどのメーカーがある。
輸入タイヤの最大の特徴としては、激安タイヤとも言われているとおり価格だろう。

 

しかし、タイヤには安全を保障するための規格があり、これをクリアしたタイヤが
国産の高いタイヤ・輸入の激安品を問わず量販店やインターネットで販売されている。

 

なので、基本的な曲がる・止まるといったタイヤの基本性能では両者あまり大差はない。
逆に、タイヤの付加価値的な意味合いな部分、例えば、耐久性、乗り心地、グリップ力、低燃費性能、こうした部分で、差が出てくる。

 

総評としては、コストパフォーマンスでは激安と歌っているだけあり、輸入タイヤに軍配があがるだろう。

 

ただ、タイヤによってまちまちな部分があるので、消費者の方にはタイヤ選びは慎重に行っていただきたい。
安全・安心を買うといった面では、国産タイヤをお勧めしたい。

 

 

 

 

輸入タイヤのオートウェイ公式サイトはコチラ

 

↓↓↓↓↓↓

 

http://www.autoway.jp/

 

 

タイヤを交換する時期のサインとは?

 

 

車のタイヤは、使い続けていると路面と接地している溝の部分が徐々に減り、溝の深さが1.6mm以下になると法令違反となりますので、早期にタイヤの交換を行います。

 

見分ける方法は、タイヤ側面に三角マークがあり、その延長上にスリップサインと呼ばれる一部分だけ盛り上がった箇所があり、スリップサインと溝の高さが同じになったら残りの溝の深さが1.6mmとなり、この状態で走行を続けていると、雨天時などでは排水機能が低下している状態なので、スリップやハイドロプレーニング現象を起こしやすくなり、制動距離も長くなります。

 

また、タイヤは経年劣化によってひび割れが発生する場合があり、放置しておくとバーストなどのトラブルの原因となりますので、ひび割れを見つけたらタイヤの交換時期となり、全く使っていない状態でも徐々に劣化が進んで行くので、3〜4年を目安にタイヤの交換を考えるようにし、タイヤの使用時期は、タイヤ側面に製造年週が記載されているので確認します。

 

 

 

タイヤ交換の年数と走行距離

 

 

 

タイヤは自動車を走らせる上で重要な部品であり、また消耗品でもあります。タイヤはゴムで出来ており、走行することで摩耗します。

 

また、経年によって劣化するため年数によっても寿命があります。いずれにしても摩耗や劣化によりゴムによる気密性が失われ、タイヤ内部の空気圧を維持することができなくなり、その機能が失われます。

 

さらに摩耗や劣化が進んだ状態で走行するとパンクをいずれ引き起こし、特に高速走行時にはバースト(破裂)を引き起こすリスクが高くなりますし、摩耗によって溝が失われた場合にはグリップ力が維持できなくなりスリップしやすくなります。

 

 

一般にタイヤの寿命はその状態によって決まりますが、目安として年数と走行距離があります。年数の目安としては3年から4年程度とされています。

 

走行距離に関してはサイズや溝の種類、さらに走行環境によって変わってきますが、短いもので3万キロメートル、長いものでも6万5千キロメートルぐらいとされます。ただしあくまでもこれらは目安で何らかの理由で傷ついてしまっている場合などは早めに交換する必要があります。

 

 

 

輸入タイヤのオートウェイ公式サイトはコチラ

 

↓↓↓↓↓↓

 

http://www.autoway.jp/